Advertisements
~東京の情報を英語で発信しよう~
Blog

Language

Vital Englishとは? Vital Japanとは?参加してみた!東京英語勉強会

東京で英語の勉強会に参加したいと思っている方、Vital English もしくはVital Japanという勉強会を聞いたことがありますか? 私も友人に誘われ参加したことがあります。 完全に第三者である私が参加者としてどう感じたかまとめてみました。最初にざっくり言ってしまうと気軽に参加した出来るので、ぜひ参加したほうがいいと思います。 Vital Englishとは? まずVital Englishですが、英語初級から中級をターゲットにした勉強会です。 Vital Japanというコミュニティの一つです。小田康之さんが主宰されています。小田さんは上智大卒でその後商社で活躍された経歴をお持ちです。その経験がVital Englishの勉強会のテーマに反映されており、とても実務的です。 例えば・・・英語会議のファシリテーションの仕方。私も身をもって経験しておりますが、まず、日本のファシリテーションの仕方では海外では通用しません(笑) ファシリテーションは議題ふり、Aさんどう思いますか?という話を振り、進行するだけだと思っている人が多すぎますね。それでは絶対に会議はまとまりません。外国人と会議をする場合、議題に対して率直な意見がどんどん出ます。もちろんお互いに理があり、文化があり、プライドがあり、利益があり、どんどん白熱します。なのでファシリテーターはうまく温度感をコントロールしつつ、ある程度事前に想定していた落としどころか、会議の雰囲気の中でつかんだポイントへソフトランディングしないといけません。 おそらく小田さんはそういう経験が豊富なのでしょう。白熱しすぎて議題からそれた場合の戻し方、ジョークを言って空気を和らげるパターン、それとなく発言者をたしなめる言い方など実務的なシーンを想定した練習を行います。私もファシリテーターの経験は3年以上ありましたが、へぇ、そういう言い方もあるのか!という発見がありました。 もちろんテーマは英語会議だけではなくビジネス初対面時などのアイスブレーキングトークなど豊富です。 英語を使うビジネスマンにあこがれている人もぜひ参加してみてください。 実務的なので疑似体験になると思います。参加者は若い人、20代が多いように思います。 Vital Japanとは? Vital JapanはVital Englishと比べてかなり上級です。テーマも国際紛争の掘り下げや、宗教、経済、政治と堅めの議題が多いです。また著名人を招いての講演もあるようです。 基本全部英語です。テーマによってはTOEIC850点以上など目安があります。議論も全部英語です。参加者も年齢層が幅広いです。ここで話についていけるようならある程度の商用レベルといってよいと思います。ここでは英語だけではなくプラスアルファの刺激を得ることが出来ました。 それは参加者の方のモチベーションです。私のような立場の人間から見ると十分 社会的な地位を得た方が多く参加されていました。それでもなお、このようなコミュニティに参加しインプットを続けている、おそらくその姿勢がその立場につながっている、その立場だからこそより幅広い常識が求められるのだろうと想像しました。単純に私のようなぺーぺーはもっとやらないと(苦笑)と気付かされました。 感想・・・実際参加してみて・・・ ここからは完全な私見です。Vital Englishは気軽に参加できて実務的です。参加者も若く、良くも悪くもサークルのような雰囲気があります。 手軽でよいのですが、参加すること自体を楽しんでいる方もいるようです。もちろん、参加目的は人それぞれですのでそれを否定するわけではありませんが、真剣に英語を突き詰めていきたい方は、頑張ってレベルアップしてVital Japanに参加された方がよいと思います。 Vital Japanは英語レベルも参加者レベルも一気に上がる感じです。気軽さはないですが、その分、真剣さが増しています。真剣にやって初めてわかったり、身につくことも必ずあるので、参加意義は大きいですよ。人脈を作ったりという副産物もあるかもしれません。それも高いレベルで英語議論をこなせればこそ、だと思います。 以上、私の所感でした。 あんまりネガティブなことは感じませんでした。 ですが最後に一つ気になるのが、ホームページはあんまり行けてないような(苦笑) リンクはこちらです。http://vitaljapan.com/  また東京英語勉強会もご確認ください! リンクはこちら http://learn-japanese.tokyo/tokyoenglishlearning/       Advertisements

Advertisements

kickstarter とは? 英語を読みながら新しい刺激をもらおう!

皆さんKickStarter (キックスターター)をご存知ですか? kickstarterはクラウンドファンディングの一つです。 クラウドファンディングから説明しましょう。英語学習にも役立ちますよ。 クラウドファンディングとは 不特定多数の人から融資、投資をしてもらえるシステムです。 たとえば、世の中には小さいものから大きいものまで、様々な困ったがあります。 それを解決するのがアイデア商品です。皆さんの家にも一つは何かしらのアイデア商品ありますよね? しかしアイデアはあってもお金はない!という会社や個人がおります。何かしら製造するには前もって資材を購入したり、工場を抑えたり、当然ながら初期費用が必要です。Kickstaterはそういう人たち、スタートしたばかりの人たちがアイデアを公表し、お金の融資を公募するのを手助けするアメリカのサイトです。サイトはアメリカですが、アイデアやプロジェクトは世界中から集まっています。そのアイデアが気にいれば、応募することが可能です。応募するとそのアイデア商品を市場価格より割引、もしくは一足先に手に入れることが可能です。 ただし、利用する上で気を付けなければならない点が2点。 まず始めに、その商品やアイデアの公募には一定の目標額が設けてあります。その目標額を超えた場合、ファンディングに成功したことになり、次のフェーズ、商品やアイデアの具現化に入ります。もし、あなたが応募したとしても、公募が不調に終わり目標額に達成しなかった場合、その商品を手に入れることはできません。 しかし応札した金額は戻ってきます。 もう一つは、相手はスタートアップ企業や個人で、良くも悪くも実績がなく、安定していないです。例えば5月出荷予定が半年遅れる、くらいのことはあります。 極稀にですが、ファンディングが成功してもその後のトラブルで商品も来ない、お金も帰ってこない、ということが発生しているようです。 個人的にはこの被害にはあったことがなく、とがったアイデアが好きで利用しておりますが、利用する場合、そのようなリスクがあることも少なからず想定しておきましょう。 たとえ皆さんが応札、応募しなくても見ているだけでも楽しいですよ。英語サイトですが、画像や動画で説明しており、おお、こういうアイデアの紹介にはこういう表現を使うんだな、という発見があります。 英語に興味があるけど、、手が出せないという方は、一度気楽に訪れてみてはいかがでしょうか? 英語学習は目的ではなく、手段です。アイデア散策を目的に、ついでに英語学習をしてみてくださいね。 今後個人で買ったものの紹介もしていきます。

I like dog???? ←この間違いわかります? 東京 英語勉強会

  動物が好きな方は多いですよね。 でもよくありがちなこの間違い。 どこが間違いだかわかりますか? 東京英語勉強会では間違いやすい英語をピックアップしていきます。 一匹の犬だけが好き。。。ということはないですよね。 何かの種類について一般的に話す場合、可算名詞であれば複数形を使います。 × I like dog ● I like dogs Do you like only one dog? how about others? When taking about one type of thing generally, we should use the plural form.

The origin of Japanese characters (kanji) – learn Japanese

Tokyo infomation Hub has Learn Japanese Contents, I would like to talk about Kanji kanji were developed in China in the 14th century B.C these characters spread to the neighboring Korean Peninsula. around the beginning of the 3rd century a man named Wani came to Japan from the ancient nation of Kudara, which was located  across Japan sea on the eastern part of the Korean Peninsula. With him wani brought volumes o the Analects of Confusion  and Senjimon, A Chinese text book for studuing kanji. this was the first time that kanji were introduced to Japan. However it was not until the 4th and 5th centuries, when there was exchange …

my name is…. or this is…… 使い分け知ってます?東京英語勉強会

  自己紹介するときに日本人がよく使う My name is….という表現、あまりネイティブの方が使っている場面を見かけません。 東京英語勉強会ではそういう感覚的なところも紹介したいと思います。彼らはよく hi, this is ….という表現を使っています。 初見の挨拶の際にmy name is ….を使うのは間違っていないそうです。 ただし、例えば電話で、知り合いの人に使うと相当不自然だそうです。 ビジネスの場では当然ながら名乗ることが多いですので、this is….という言い方を覚えておきましょう

PAGETOP
Copyright © Tokyo information Hub All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.