Advertisements
~東京の情報を英語で発信しよう~
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • kickstater

Tags : kickstater

kickstarter とは? 英語を読みながら新しい刺激をもらおう!

皆さんKickStarter (キックスターター)をご存知ですか? kickstarterはクラウンドファンディングの一つです。 クラウドファンディングから説明しましょう。英語学習にも役立ちますよ。 クラウドファンディングとは 不特定多数の人から融資、投資をしてもらえるシステムです。 たとえば、世の中には小さいものから大きいものまで、様々な困ったがあります。 それを解決するのがアイデア商品です。皆さんの家にも一つは何かしらのアイデア商品ありますよね? しかしアイデアはあってもお金はない!という会社や個人がおります。何かしら製造するには前もって資材を購入したり、工場を抑えたり、当然ながら初期費用が必要です。Kickstaterはそういう人たち、スタートしたばかりの人たちがアイデアを公表し、お金の融資を公募するのを手助けするアメリカのサイトです。サイトはアメリカですが、アイデアやプロジェクトは世界中から集まっています。そのアイデアが気にいれば、応募することが可能です。応募するとそのアイデア商品を市場価格より割引、もしくは一足先に手に入れることが可能です。 ただし、利用する上で気を付けなければならない点が2点。 まず始めに、その商品やアイデアの公募には一定の目標額が設けてあります。その目標額を超えた場合、ファンディングに成功したことになり、次のフェーズ、商品やアイデアの具現化に入ります。もし、あなたが応募したとしても、公募が不調に終わり目標額に達成しなかった場合、その商品を手に入れることはできません。 しかし応札した金額は戻ってきます。 もう一つは、相手はスタートアップ企業や個人で、良くも悪くも実績がなく、安定していないです。例えば5月出荷予定が半年遅れる、くらいのことはあります。 極稀にですが、ファンディングが成功してもその後のトラブルで商品も来ない、お金も帰ってこない、ということが発生しているようです。 個人的にはこの被害にはあったことがなく、とがったアイデアが好きで利用しておりますが、利用する場合、そのようなリスクがあることも少なからず想定しておきましょう。 たとえ皆さんが応札、応募しなくても見ているだけでも楽しいですよ。英語サイトですが、画像や動画で説明しており、おお、こういうアイデアの紹介にはこういう表現を使うんだな、という発見があります。 英語に興味があるけど、、手が出せないという方は、一度気楽に訪れてみてはいかがでしょうか? 英語学習は目的ではなく、手段です。アイデア散策を目的に、ついでに英語学習をしてみてくださいね。 今後個人で買ったものの紹介もしていきます。 Advertisements

Advertisements

PAGETOP
Copyright © Tokyo information Hub All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.